ピラティスについて

ピラティスの本質・・・体の動き

ピラティスを習っている、趣味にされている方もお友達にピラティスって何?って言われると

なんていいっていいのか・・・困るといったお話をよく聞きます。

ヨガなら、なんとなく、話しやすいのに。

なぜ?

そう、ピラティスは、エクササイズ自身の特徴がありますが、ちょっととらえ方が違うと??

となることが多いのです。だから、苦手ない人が出てきてしまうのかもしれません。

 

ピラティスは、一言で言えないエクササイズなのです。

 

ピラティスの本質って?

ということはいろんな要素を持ち合わせているもので、体の動きの基礎を学ぶといってもいいと思います。それは、体の根にあたる部分でそこにしっかり焦点をあててエクササイズしていきます。

 

ということは、目に見えない部分に焦点を当てていくということ。そうすることで

ピラティスのエクササイズができると考えられます。

目に見えない場所は体の中に実はたくさんあるのですが、それに目を向けることはあまりありません。見えないからね・・・(笑)

 

でも、その存在を再確認して、感じたり、場所を確認することによってその力が働きます。

姿勢を作る筋肉の場合が多いので、関節の場所や位置関係、重心の載せ方を変えていくと、使う筋肉も変わるわけです。力の入れ配分もそうですね。

 

自動的にできていることを、意識していくトレーニングだともいえるでしょう。

 

姿勢は骨の並び

その結果、体の姿勢がよくなり、見た目が自然になるので、美しく見え、また、いらない力を抜けるので、疲れにくいだけでなく、余裕ができたり、

また、さらに余力でパフォーマンスを上げたりすることも能動的にできるようになります。

 

今のままの体・その使い方・考え方のまま、エクササイズしたとしても大きく変わることは考えにくくないですか?

その根本的なことを少し変化させるだけで、きっと結果は違ってくるはず。

その事柄の考え方・とらえ方

エジソンの言葉に

「一万回失敗したわけではない。うまくいかない方法を一万通り発見しただけだ」

 

結果を求めるのであれば、根本的なことを変えてやってみれば、結果がいつか出る。

それが、ピラティスの考え方なのかなあとも思っています。

 

同じことをやる・・・同じ動きを場所を変え、負荷を変え、状況をかえ、やってみる。

そうすると、結果が出てくる。

一つの事柄をいろんな面から見ながらやってみる。

 

やってみることが大事だけど、何でもやるわけでなく、その方法を変えてみる。

私は、結果を出したいと思っています。それも自然な・・・・大きな結果でなく、自分軸の中で思う結果を。

 

皆さんにもピラティスの大事なポイントをご理解いただき、皆さんの思う体に導いていきたいと、

常日頃より、自分の体で試しながら一生懸命に取り組んでいます。

 

まずは体験!

ピラティス体験レッスン

本格派 マシンを使ったピラティス

スタジオピラティスリムーブは、完全予約制!
あなたのための あなただけのスタジオです。

運動が苦手な方でもマシンを使うことで、からだの補助的役割をしてくれ、「ものさし」となり正しい可動域の中で無理なくトレーニングすることが出来ます。

お問合せ・お申込みはこちらから

お問合せ・お申込み

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA