ピラティスについて

脚と手の関係 バランス

身体はバランス・・・・バランスがうまくいかないと見た感じも悪いと私は思っています。

 

このバランスの割合が人によって違うと思うんですよね。

 

もちろん、これって・・・体の心も

身体はバランス

まず、体のバランスは、いろんなものがあると思うのですが、ここでお話ししたいのは、上肢と下肢についてです。

 

理論的に考えて、皆さんも納得していると思うのですが、足は、床にあるわけですから、身体を支え、

そして、上肢は、支えるというより、自由に動き作業をする。

 

 

脚はしっかりからだを支え、手は作業をする(動く)です

 

本当にそうなっていますか?

 

 

現代は、立つことや歩くことが少なく、じっとして作業が多く、また、PCやスマートフォンが普及。

 

逆になっていませんか?

 

 

脚は、細いのがいいと思っている人も多いでしょうけど、そもそもの役割はそのままの必要性を大切にし、そして、バランスよい筋肉をつけることが綺麗の第一歩だと思うのです。

 

まんべんなく、すべてのある筋肉をつかうことがバランスであり、たとえ、部位的に見て、太くても

全体を見えれば、バランスがいいことでかっこよく見えるのです。

 

なので、体のスタイルはすべて「バランス」

 

そのバランスを意識できることが重要です。

 

 

となると脚はしっかり!!!手は、自由に!!!

 

Foot is strong ,  arms is Free

この言葉は、アメリカのニューヨークで先生がいつも言ってた言葉で、もっとも尊敬するカローラもそういっていたそうです。

 

脚は、しっかり使っていく・・・・そのためには、少しの頑張りも必要。でも、手や肩は頑張らず、可動域を意識し、自由に滑らかに動く。これが重要です。

 

 

そして、ここで問題は、それが、連動して動くこと。

 

脚は頑張る・・・手も頑張るでは、なく上肢と下肢の力の入れ配分は、まったく違うのです。

 

そうなると今まで、頑張りすぎな人や頑張りなさすぎの人が出てくる。

こういうものは、何度もやりながら習得するしかなく、その力の入れ方をピラティスは学んでいきます。

 

 

例えば、以下のようなエクササイズ

 

このエクササイズで大事なのは、手ではありません。手で体を支えることは無理。

脚を伸ばすこと・腹斜筋や体幹、あとはバランスです。そして最後に手の力を抜くことができるから、手が上がる。

そんなイメージです。

 

脚がさぼってはダメなんですよね~

 

こういう時、つい手に頼りがち。

年齢を重ねれば重ねるほど、手の力が入りやすく、手に頼りたくなります。

杖を持つ老人が手に名いっぱい体重を乗せすぎてしまうので、杖がうまく使えなかったりします。

 

手・・・・

 

自由に動かしたいのに、力が入りすぎてしまう・・・・

そういう動きの癖のようなものなのですね。

 

 

それをピラティスでは、少しづつ下肢への力に変えていきます。

太ももは太く、身体を支えるもの。足が動くから、生活ができ、歩くからからだの機能が整う。

そんな当たり前のこと・・・忘れてしまうのですよね。

歩けて当たり前・・・・では、ない。そのためのエクササイズが必要なのです。

 

 

 

綺麗なバランスのよいからだを目指し、一緒に頑張りましょう。

 

体験はこちらへ

体験・初めての方へ

まずは体験!

ピラティス体験レッスン

本格派 マシンを使ったピラティス

スタジオピラティスリムーブは、完全予約制!
あなたのための あなただけのスタジオです。

運動が苦手な方でもマシンを使うことで、からだの補助的役割をしてくれ、「ものさし」となり正しい可動域の中で無理なくトレーニングすることが出来ます。

オンラインレッスン体験

お問合せ・お申込みはこちらから

お問合せ・お申込み

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA