その他

あなたは何歳に見られますか?若さの秘訣?

何歳に見える?

ってよく、聞いてませんか?

 

若く見られたい!と誰でも思うこと・・・・

女性は特に一歳でも若く見られたいものです。

 

その若さってどこにあるんだろう。

もちろん、現実に若い人と比べると(すごく嫌ですが)年齢を重ねると気になるのは

肌のしわ・シミ・はりとか、

からだの衰え

これって、姿勢ですよね。

 

若く見えるには何が必要

若い人には、あるのに私たちには、ないもの

年に見えるってどんなこと

 

先ほども書きましたが、

つるんとしたハリのあるはだ、

そして、ぴんと伸びた姿勢、引き締まったからだ、はつらつと歩く

それが、失われていく感じですよね。

が、それって、しかたのないことなんでしょうか・・・・

 

ぴんと伸びる・・・のは、背骨の問題なのかな・・・

背中が丸いとおばあさんみたいですもんね。おばあさんの前をするときには、背中を丸めたり、ふらふらあるいたりするもんです。

背骨の仕組み

 

背骨はからだを支えていて、椎骨という骨と椎間板が積み重なり、S字カーブを描いています。

そのことで外部からの衝撃や体重の負担を和らげています。椎間板は弾力はだんだんなくなっていくもので、それを補うのが、筋肉になります。

背骨の前後にゆるいカーブは、立ったり座ったりしているときにからだの重さを支えたり、

前後左右に上半身を曲げたり伸ばしたり、ひねったりすることができます。

 

背骨は歩いているときに起こるからだの上下運動の衝撃を吸収し、

脳へのダメージを防く役割も持っています。

姿勢の悪い人は、この重心がずれてしまうため、腰の筋肉が常に緊張状態になり、腰痛を起こしやすくなるのです。

ピラティスエクササイズでは、背骨をうごかすことを目標にしているものが多い

筋肉が固い人はどこかぎこちない動きになるもの

特に背中が硬いと、振り返る動作にしても固く感じてしまいます。それが、若く見えない・・・事につながるので、柔らかな背中をもつために、背骨を動かうことは効果的です。

老けて見えない所作は、背骨の柔らかさにあります。

 

そのためには、正しい知識と共に背骨をうごかしていきましょう。

ピラティスマシンのリフォーマーエクササイズのご紹介

ショートスパイン(背骨を使う)

ひもを足にかけ、そのまま、上側まで上げていきます。ロープに先導されてあげることが出来るので、案外

怖がらずにすれば、できます。

そして、足を外に開き、膝を曲げ、

そのまま、背骨を丸めるようにして降りていきます。

その後、

足を押し出します

 

この中で大事なのは、背骨の動きですが、そこに集中するためにも

ピラティスの基本となる呼吸・骨盤や胸郭・首肩などの配列について配慮し、ニュートラルを意識することが

このエクササイズになります。

 

背骨は若さの秘訣

そういう意味でも、若さは取り戻せるもの。

姿勢や所作の柔らかさ・・・・

 

そして表情。もしかして、しわ・シミやはりより、はつらつとした表情が若さを引き出すのかもしれません。

若く見せるためのちょっとした「企て」(笑)

そういうことが自分への自信につながり、さらなる若さを与えてくれます。

 

 

まずは体験!

ピラティス体験レッスン

本格派 マシンを使ったピラティス

スタジオピラティスリムーブは、完全予約制!
あなたのための あなただけのスタジオです。

運動が苦手な方でもマシンを使うことで、からだの補助的役割をしてくれ、「ものさし」となり正しい可動域の中で無理なくトレーニングすることが出来ます。

お問合せ・お申込みはこちらから

お問合せ・お申込み

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA