未分類

想像

「女性として・・・輝くために」 大阪豊中駅すぐ、ピラティス専門スタジオ。ピラティスマシンを使い、一人のパーソナルレッスン。ピラティスリムーブの菊田です

私は子供三人と主人と、5人家族。

子供を三人育てるのは、大変なこともあったし、もちろんうれしいこともたくさんでした。

基本出張がちな主人だったので、私一人で子供たちを見ることが多くて、出産の時もそろそろ生まれるけど、そうなったら

お兄ちゃんたち大丈夫かな・・と不安に思ったことが思い出されます。

子供を三人育てていると、未来が身近に感じられず、なんせ、今日が終わることばかりでした。

日々の家事、その間に幼稚園や公園に・・習い事。おやつを作り、寝かしつけて。

そんな日々の中に病気をしたり、けがをしたり。

正直、仕事をがんばっている主人を思いやる余裕がなかった。(いまは、その時間を持てるのでなるべく思いやる気持ちをもって、過ごしています)

そんな日々から比べると、いまは、わたしにとって、非現実的な毎日なのかもしれません。

現実のとらえ方はひとそれぞれ。同じことを経験しても、人の数だけのとらえ方・・・つまりは現実があるでしょう。

現実って、今現在・・・・・目に見え、今、それに触れ、経験し、声を聞いてるわけですが、

これも幻想なのかもしれません。

未来はどう? 経験していなくても、それを想像し、経験してないけど、さも経験しているようにおもえるのなら、それも現実なのかもしれません。

また、過去に生きることもできるのでしょうね。

想像する・・・・・思い出す・・・・・作業は、現実を経験するのと同じ感覚を使うらしい。

でも、

現実は現実。

 

それを楽しみ、そして、それを認知しておくこと。。。一歩離れたところで・・・・

 

認知・・・・現在なのか・・未来なのか。それが分かるようになれば、幸せになれるのかもしれませんね。

 

hideko

 

「今日の言葉」  松下幸之助

自分には
自分に与えられた道がある。
天与の尊い道がある。

どんな道かは知らないが、
他の人には歩めない。
自分だけしか歩めない、
二度と歩めぬかけがえのないこの道。

広いときもある。狭いときもある。
のぼりもあれば、くだりもある。

坦々としたときもあれば、
かきわけかきわけ汗するときもある。

この道が果たしてよいのか悪いのか、
思案にあまるときもあろう。
なぐさめを求めたくなるときもあろう。

しかし、所詮はこの道しかないのではないか。
あきらめろと言うのではない。

いま立っているこの道、
いま歩んでいるこの道、
とにかくこの道を休まず歩むことである。

自分だけしか歩めない大事な道ではないか。
自分だけに与えられている
かけがえのないこの道ではないか。

他人の道に心を奪われ、
思案にくれて立ちすくんでいても、
道は少しもひらけない。

道をひらくためには、
まず歩まねばならぬ。
心を定め、懸命に歩まねばならぬ。

それがたとえ遠い道のように思えても、
休まず歩む姿からは
必ず新たな道がひらけてくる。
深い喜びも生まれてくる。

菊田 英淑さんの写真

 

まずは体験!

ピラティス体験レッスン

本格派 マシンを使ったピラティス

スタジオピラティスリムーブは、完全予約制!
あなたのための あなただけのスタジオです。

運動が苦手な方でもマシンを使うことで、からだの補助的役割をしてくれ、「ものさし」となり正しい可動域の中で無理なくトレーニングすることが出来ます。

オンラインレッスン体験

お問合せ・お申込みはこちらから

お問合せ・お申込み

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA