ピラティスについて

動きの基礎

動きの土台・・・ここが簡単ではないところ・・・

 

まず、土台作り・・・動きの質を高めるための、基礎部分を

しっかり手に入れていただきたいと、当スタジオでは、そこに注力しています。

 

ピラティスの動きには、とても独特なものがあって、そのままをするには、強度が高すぎることもあります。

その動きを分析し、分解すると、案外土台のための動きになることが多く

(こういうのをモディフィケーションと呼びます)これをたくさん用いて、

エクササイズしていきます。

 

 

ピラティスさんが考えたエクササイズ(本に書かれているマットエクササイズは、)

は、34個

が、これらを分解し、さらに付け加えたりなどしていくと、

無限にエクササイズが広がっていきます。

またマットに限らず、リフォーマーやキャデラックなど、何にでも言えます。

 

なので、何種類あるの?と聞かれると詰まるところです・・・

 

ということは、

 

ピラティスは、『応用性』がある!!!のです。。

 

概念だということは、その人人に合わせることができる。ということ

そして、変化可能であるということです。

 

 

でも、それならなんでも良くなるのかというと、

そうではなく、

ピラティスの基礎は、

『プリンシプル』だと考えます。

 

ルールかな。ルールをはっきり決めて、それを守る。最初は、守ることが難しいと感じて、ずっとやっていくとそれが、普通になる。

 

動きは、無意識であるので、ルールも無意識レベルまでにしていく。。

 

すると、枠が決まり、その中に動きが治ってくる感じです。

 

 

もし、動きそのものをずっと練習していると、よくわからなくなるし、どの動きもするとなると膨大な時間がかかるのですが、それを一律のルールというものに当てはめてしまうというのが、ピラティスだと私は、考えています。

 

自分をコントロールする・・・・感情をコントロールするに似ているような。。。

 

 

毎日、座禅をしてて、そんな気がします。

 

 

動くということは、エモーショナル。が、それをあえて、落ち着きながらやることによって、冷静さの上で行う動きは、コントロール力で生まれるってことでしょうか。

 

 

今の時代、いろんな理不尽に思えることや、

またコロナの影響で、不安要素が増え、

メンタル的にも厳しい世の中です。

だからと言って、投げやりでなく、

 

そのために何ができるのか・・・・

 

そういう意味では、ピラティスって今の時代にマッチしているなと思うばかりです。

 

今、カナダやアメリカでは、コロナの影響で、ティーンエイジャーのメンタル面でのケアが大事という考え方があり、フィットネスクラブなどでは、ティーンエイジャー向けにヨガやピラティスなど提供しているそうです。

 

ティーンエイジャーは、さらにメンタル的に不安定な時期。

そして、抑圧される生活はさらに大変ですね。

 

こういう時に、運動はいいとわかっていても、激しい運動をする気になれないもの。

そんな時、ピラティスは、もってこいです・

 

 

皆さんももし、周りにそういう方がおられたら、

『ピラティスやってみたら?』と進めてみてください。

 

応用性があり、落ち着いてできる運動。

気分が落ち込んでいても、ゆっくりなので、大丈夫です。

 

ぜひ、一緒にピラティスをしましょう。

 

 

また、そのピラティスを伝える、大切なひとを守るための

ピラティスを学んでみませんか?

今、質の高いピラティスインストラクターは、重宝される時代です。

 

スタジオピラティスリムーブでは、小人数で丁寧にその人の将来の展望をしっかりお聞きした上で、その人に必要なスキルをお伝えしていきます。

多くでも、3人まで

一人でも開催可能です。

 

ぜひ、スタジオに足を運んで、一生もののあなたの宝物を手に入れませんか?

養成スクール

 

まずは体験!

ピラティス体験レッスン

本格派 マシンを使ったピラティス

スタジオピラティスリムーブは、完全予約制!
あなたのための あなただけのスタジオです。

運動が苦手な方でもマシンを使うことで、からだの補助的役割をしてくれ、「ものさし」となり正しい可動域の中で無理なくトレーニングすることが出来ます。

オンラインレッスン体験

お問合せ・お申込みはこちらから

お問合せ・お申込み

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA