私の日常

小説

10月も、もう終わり・・・

 

いかがお過ごしでしょうか。

 

 

ここ最近、本にはまっていて。

[ミン・ジン・リー, 池田 真紀子]のパチンコ 下 (文春e-book)

 

今度ドラマ化されるという話を聞いたときに、アメリカで話題になった本で、

そういえば、日本でもベストセラーのコーナーにあったのを思い出しました。

 

なんか、あの時は、あまり興味がなくて。

今は、自分のルーツを考えたことで、いろんなことに興味が湧いてきました

 

 

そして、昨日は、一気に映画「血と骨」を見ました。

 

 

この二つの作品、在日韓国朝鮮人の話なんですが、どちらも、根本的な生きづらさからの・・・絶望感は同じなんだろうけど、

なんか、すごい違う。そりゃそうですね。人はみんな違う。

 

 

血と骨の映画はちょっとバイオレンスがきつすぎて私には、しんどかったけど、

本を読むと違うのかもしれません。

 

主人公は、自分の周りを支配で固めていくことで、自分を確立しようとしていた・・

マイノリティであること、それは、信念を持たなくてはならないことで、それが、また柔軟性がなくしてしまうものなのかとも思う。

 

私の場合は、どちらかというと、厳格な家の方で、暴力的な感じではなかったけど、

争いは多かったような。

 

でも、儒教精神が根付いていて、日本社会とは、また違う感覚は残っていたと子供ながら感じていました。

 

 

女らしい・・・・ということに決まりがあり、またそこに男はこうあるべき。。。だというような。

 

お互いに尊重し合っているようであるけど、

それは、古い社会の時の話。

 

今は、自由で、差別もない・・・ない前提。

 

どこにでも行けるし、好きなこともできる。

 

そんな世の中・・・なのに、私はまだ縛られているのか(笑)

 

ふっと笑いたくなるほど。

 

 

この二つの中の小説の女性像は、ちょっと違っていたし、どちらも反対のような気がしたけど

でも、またその横側にも女性像はあるし、(母はそれだったかも)

それに、今は、私は理想がある。

 

 

愛が溢れる人生を送りたい。

与える人生

 

搾取されるのでなく、自主的に愛する人生

 

 

認める人生。

 

 

もし、血と骨の主人公の妻なら私はどうしていただろう・・・・

ちょっと嫌な言い方だけど、逃げたか、徹底的に戦ったかも。いや、もしかして、上手く

あしらって金俊介を変えていたかもしれない。

 

 

 

そんな気がする。

私って、自分で思うけど、強いな。(笑)

 

 

 

まずは体験!

ピラティス体験レッスン

本格派 マシンを使ったピラティス

スタジオピラティスリムーブは、完全予約制!
あなたのための あなただけのスタジオです。

運動が苦手な方でもマシンを使うことで、からだの補助的役割をしてくれ、「ものさし」となり正しい可動域の中で無理なくトレーニングすることが出来ます。

オンラインレッスン体験

お問合せ・お申込みはこちらから

お問合せ・お申込み

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA