ピラティスへの想い

自分の体の課題と褒めるところ

【自分の体について考える】

ピラティスしていると自分の体の弱点に気づいたり、
また褒めてあげられるところに気が付きます。

 

両方とも、自分です・・・・・どちらも認めるほうがいいですよね。

完璧はないですから。

姿勢がいいのが良しで、悪いのがダメという考え方は残念です。

 

自分でも「すごい~」って自分に言えるってあるようでなかなかないもの。

でも、どんな時にそう思えるのか。課題は見つけやすいが、じゃ

褒めるところって?

 

コントロール

エクササイズができた時よりも、コントロールできたと思った時に

そんな風に思えるような気がします。

できるできない・・・にこだわらず、

自分の中の自分と対話するようなそんな感覚が楽しいもの

 

他人と競争したり、

そのエクササイズができることにこだわらず、

基本原則をしっかりこなしていくと、あれ。。。。できた!と思うことが多いですよ。

 

ピラティスの基本原則は方針と同じ

体のすべての細胞に方針を伝えていくような、それが、ピラティスの原則。

会社の方針、コンセプトのような感じでしょうか。

そうすることにより、体全ての要素がその方向へ向いて、手をつなぎ、向かって歩いていく。

その感覚が、

スタビライザーが働いた、ブレーキがある状態。

ホールボディの感覚なのです。

 

ピラティスを通して、

自分のからだと対話し、
理想のからだを作り上げて言ってください。

健康でいたい・・・幸せになりたい・・・
これが、共通の目的ですよね。

 

 

 

あなたの心に届くエクササイズ

まずは体験!

ピラティス体験レッスン

本格派 マシンを使ったピラティス

スタジオピラティスリムーブは、完全予約制!
あなたのための あなただけのスタジオです。

運動が苦手な方でもマシンを使うことで、からだの補助的役割をしてくれ、「ものさし」となり正しい可動域の中で無理なくトレーニングすることが出来ます。

お問合せ・お申込みはこちらから

お問合せ・お申込み

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA