ピラティスについて

受付の写真は?

 

当スタジオのフロントに掲げているこの写真・・・

1940年ニューヨークのジョセフ・ピラティス氏(ピラティスの創始者)のスタジオの写真です。

このスタジオは今は、火事で焼けてしまってないのですが、同じ場所のビルに、ピラティスのスタジオはまだあります。

 

さて、この写真のイメージのスタジオを目指しています。なんか、懐かしいような・・・ピラティス氏の想いを想像しながら、スタジオを運営しています。

 

この写真の人は誰?

この写真についてお話ししたいと思います。

まず、写真の左は、ピラティス氏。右にいるのが、クララ。ピラティス氏の奥さんです。

手前で寝転がっているひとは、

では、真ん中の人は?

 

メアリーピラティスでジョー(ジョセフ・ピラティスのこと)の姪であり、

ジョーの兄弟フレッド・ピラティスの娘です。

当時、メアリーは18歳で見習いをしていました。その後何年もここで何年も働き、フロリダでも教えていたそうです。

 

 

 

余談になりますが、

メアリーは、「ピラティス」の発音について、自分を意見を持っており、

「Pi-LOTTS」と発音すべきだといっていました。

 

 

 

メアリーは晩年までピラティス指導に携わり、84歳のときティーザーをしている写真が残っています。

 

 

メアリーピラティスの感動的なティーザー

 

写真を見ていただくと、この中でもよい形のティーザーを披露しています。(右から2番目)

長い直線の脚と、骨盤の位置について、自然といえるでしょう。

その上に足はいらない力は入っておらず、骨盤に伴う自然な角度での足の上がり方

 

そして、安定した足関節をみると、最適化された脚と見受けられます。

腕は、少し硬くなっているところがあるのかもしれませんが、うまくニュートラルを維持しているといえるでしょう。

 

84歳にしてのニュートラルです。

 

まだ、日本では、長い経験を持つピラティスをする人は少ないのですが、

長くピラティスをしてきた先生方には、感銘を受けます。

 

私の少しでも近づけるように、自分のからだのニュートラルを探し、エクササイズに前向きに取り組みたいところです。

 

ジョセフ・ピラティス氏

 

ピラティス氏に尊敬の念を込めて。

一度会ってみたい・・・

まずは体験!

ピラティス体験レッスン

本格派 マシンを使ったピラティス

スタジオピラティスリムーブは、完全予約制!
あなたのための あなただけのスタジオです。

運動が苦手な方でもマシンを使うことで、からだの補助的役割をしてくれ、「ものさし」となり正しい可動域の中で無理なくトレーニングすることが出来ます。

お問合せ・お申込みはこちらから

お問合せ・お申込み

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA