その他

脂質の役割

先日ですが・・・・

友人とナンバへ

 

忘年会があったのですが、その前に・・・・(笑)

 

まぐろセンターというお店に。

 

画像に含まれている可能性があるもの:夜

画像に含まれている可能性があるもの:室内

 

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物、室内

 

お刺身も沢山の種類があり、キハダマグロ・インドマグロ・本まぐろ

その上に赤身・中トロ・大トロなどなどたくさん種類があります。

 

上の写真は、赤身のメバチまぐろ・・・名前はあってたかな?

 

私は、実はとろが苦手・・・

そう、脂がダメなんです。お肉もそう。そういえば、生クリームもあんまり脂肪分の多いのは、苦手です。

高い食べ物・・・・(笑)

ウナギやうにも苦手です。そうそう、濃厚で脂っこいものが苦手。甘いものもさっぱりしたものが好きです。

値段の高いものが好きなのではなく、私の好きなものが好きです!

(値段が高いと美味しいというロジックが私の中にない・・)

 

 

今は、大丈夫だけど、

オリーブオイルもダメな時がありました。

 

脂(油)苦手なおかげで

とりすぎることはないのかもしれないですね。

 

 

油抜きをしている人もいますが、脂はからだの中で大切な役割をしています。

脂質は細胞膜を構成したり、

ホルモンの材料になっています。

また身体を動かすエネルギーのもととなり、

1gあたりのエネルギー生産量は炭水化物やたんぱく質の2倍以上です。

その他にも、

脂溶性ビタミンの吸収を助ける体温を保つ皮膚を保護する血圧や筋肉をコントロールするなどの

重要なはたらきもあります。

 

 

脂質のとりすぎは良くないのですが、必要であるもの・・・・

 

なんでも、バランスよく効率よくとることが必要です。

 

バランスって程よい状態

 

ちょっと物足りない状態。

 

それって、運動にもつながる。

 

 

満足するまでせず、もうちょっと・・・と思うところで止めておくことが心とからだへの健康の秘訣かもしれません。

 

 

まずは体験!

ピラティス体験レッスン

本格派 マシンを使ったピラティス

スタジオピラティスリムーブは、完全予約制!
あなたのための あなただけのスタジオです。

運動が苦手な方でもマシンを使うことで、からだの補助的役割をしてくれ、「ものさし」となり正しい可動域の中で無理なくトレーニングすることが出来ます。

お問合せ・お申込みはこちらから

お問合せ・お申込み

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA