未分類

多種多様化

「女性として・・・輝くために」 大阪豊中駅すぐ、ピラティス専門スタジオ。ピラティスマシンを使い、一人のパーソナルレッスン。ピラティスリムーブの菊田です

毎朝、新聞を読みますが今日は素敵な記事を見つけました・・・

普段から、家でも

大学でも、仕事でも、若い方に会うことも多い・・・・

その彼らに何かを伝えるのは、むずかしい・・・

そういう年頃ですね。

もちろん、それは私の思い違いかもしれない。。でも、本当に伝えたいことが伝わってないのかな

とも思うことも多いんです。

そして、この記事は私自身にも言えることだなと思いました。

読売新聞のワカモノミクスという欄で、

様々な顔を見せる若者たち。その今を識者に聞いた記事です。

横のつながりが重要で居場所をたくさん作ること。

人口機能が今後発達すると人がやる仕事は少なくなる。そんな時、1本の軸より、何本か持っていたほうがいい。その方が代えがきかないような人になれる。若者がいきなり起業するにも、ゼロから始めるのは、難しい。が、自分のやりたいことをしている人を探して、そのコミュニティを手伝うのがいい。そこからつながりが生まれ、仲間ができる。

そういう、昔ながらのやり方が、無二の自分になれるやりかたかも。

逆に、スマホで広がる可能性・・・安定を求める。ことなどもありです。

「なんでも仕事に」

「世の中のために」

「ミニマリスト」

自由なんですね・・・・自由だからこそ、の難しさ、そして、可能性の広がりを今の世界に感じています。

 

どれがいいのも、わるいのもない。

ということは、選択することの大切さ。。。。情報をいかに精査していくか・・・

自分にとって、必要でないものは排除する。が必要なんでしょうね。

わたしが若いころは、いかに情報を取得するか…であり、今は、逆なんだ。

多種多様化し、そして、何でも選べることができる。だからこそ、変化に対応できる柔らかさと

なにかがぶつかっても壊れない芯をもつこと・・・・

わ・・・ピラティスとおなじだ。

hideko

「今日の言葉」
しあわせとは他人と比較せず、どういう自分でありたいかではないだろうか。「0」か「1」で生きるのではなく、その間を目指せば、世界が変わるだろう。

今朝の読売新聞
ワカモノミクス 企業家 家入一真氏の記事より

菊田 英淑さんの写真

 

 

まずは体験!

ピラティス体験レッスン

本格派 マシンを使ったピラティス

スタジオピラティスリムーブは、完全予約制!
あなたのための あなただけのスタジオです。

運動が苦手な方でもマシンを使うことで、からだの補助的役割をしてくれ、「ものさし」となり正しい可動域の中で無理なくトレーニングすることが出来ます。

オンラインレッスン体験

お問合せ・お申込みはこちらから

お問合せ・お申込み

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA