未分類

ピラティスは、動きにタスクを与えていくこと

「女性として・・・綺麗へのアクセス」 大阪豊中駅前、ピラティス専門スタジオ。海外からのピラティスマシンを使い、二人、一人のパーソナルレッスン。ピラティスリムーブの菊田です

 

ピラティスに対して、いろいろ考えていくのですが、

今、これかなと思っていることがあります。

「体の動きに対して、タスクを与えて、修正していくエクササイズ」

文章化していくのは、苦手です。が、あえて、いろいろ考えています。

言葉は、実はその深いところが大事なことであり、文化であり、心であるけど、

でも、誰にでも伝えられる明確さも必要です。深い言葉であるかないかは、

受けとった心の深さ。なので、言葉は深いですね。

 

ピラティスは、おおきくとらえると動きはどこにでもあるようなトレーニングの動きも多いですよね。

それに対して、出来ればOKということでなく、

その動きにタスク(課題)を与え、その中で動く。

それが、骨盤や肩甲骨の安定につながり、

安定性の中で手や足・・・また、背骨を動かすことが出来る。

また、逆につながりを意識することが出来る。

そんなつながりを大事にしているトレーニングだなと思うのです。

エンゲージ・・・結婚などの意味もあり、つながり、絆、かかわりという意味でも使われます。

からだのコアにエンゲージしながら動いていく・・・それがピラティスなんですよね~

 

 

「今日の言葉」
前を向いて大きく前へ一歩。
自信をもって進む

菊田 英淑さんの写真

まずは体験!

ピラティス体験レッスン

本格派 マシンを使ったピラティス

スタジオピラティスリムーブは、完全予約制!
あなたのための あなただけのスタジオです。

運動が苦手な方でもマシンを使うことで、からだの補助的役割をしてくれ、「ものさし」となり正しい可動域の中で無理なくトレーニングすることが出来ます。

オンラインレッスン体験

お問合せ・お申込みはこちらから

お問合せ・お申込み

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA