未分類

ダイエット

「女性として・・・綺麗へのアクセス」
大阪豊中駅前、ピラティス専門スタジオ。少人数制マットグループレッスン・個人レッスンピラティスリムーブの菊田です。

ダイエット・・・・永遠のテーマですね・・・

よく、質問を頂きます。

でもね、ダイエットしたい人に本当に痩せたい??って思うこともあります。

まず、うちの母が、そうなのかも・・・

母の例をとりますと。

「若いころの様に痩せたい・・・おなか周りに肉が付くのでそれを何とかしたい」

「膝が痛いので、お医者さんに体重を落とせと言われた」

「食べ物を減らすことができない」

食事を一緒にとると、あまり食べず、私は太るから食べない・・・・と食べないようにしているようです・・・

 

で、結果、痩せてません・・・

膝が痛いので、激しい運動や連続性の多い運動は進められません。

食べ物は制限している!!と自分では、言ってます・・

 

わたしは、原因がいくつかあると思っています。

まず、

・医者から言われた・・というところが気になります・・自分で痩せたいとはっきり思うことが大切

・食べ物を食べることの意味がはっきりしていません。偏った考え方があるようです

・自分はこうだ・・と思っていること。でも、今のこうだと思っていうままで痩せてないので、なにか、行動を変える必要があり、自分を客観的にみる必要がある(若い時のスタイルと今が違うのはあたりまえ)

それに気が付けば、すんなり、痩せるような気がします。

なので、上のことを考えると

・自分で痩せるための行動をとる・・・目的を持ち、計画を立て、実行する(自分でやるので、さぼることがない)

・食べる目的を明確にし、やみくもに食べたいから食べるということをなくす。他人からの客観的評価も

・行動を普段と変えてみる。トレーナーを付けるなど、痩せるために客観的な目をもつ。

です。恥ずかしいこともあり、客観的な目を避けることも多いでしょうが、

ここで、他人というのは、手っ取り早い方法なのかもしれません。

それに、一緒に頑張れるって、こともあるしね・・・

あと、本当に痩せたいのかどうか・・・

それが一番考えておかないといけないことかもしれませんね・・

 

images (49)

 

あなた自身の魅力は何だと思いますか?
もしなければ、どんな点で魅力を感じる人になりたいですか。

「今日の言葉」
自分の心の内に持っていないものは、何一つ自分の財産ではない。
クラウディウス(詩人)

まずは体験!

ピラティス体験レッスン

本格派 マシンを使ったピラティス

スタジオピラティスリムーブは、完全予約制!
あなたのための あなただけのスタジオです。

運動が苦手な方でもマシンを使うことで、からだの補助的役割をしてくれ、「ものさし」となり正しい可動域の中で無理なくトレーニングすることが出来ます。

オンラインレッスン体験

お問合せ・お申込みはこちらから

お問合せ・お申込み

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA