その他

ピラティス指導について

ピラティス指導は、難しいと言われています。

 

いろんなカテゴリーの指導をしているインストラクターの中からもそんな声が上がってきます。

それはどうしてか・・・

 

まず、ピラティスは、エクササイズだけをみると強度が高く、

その原理をしっかり理解していくことが大事であると思います。

そこに着目していないと、ピラティスとコアトレの違いがわからなくなることがあるのでは

 

 

それと、

フロームーブメントなので、タイミングを図るためのキューイングも必要で、

曲が流れていないにも関わらず、そのテンポを取り続けていくことも大変なのではないかなと思います。

 

また、参加者のピラティスの習得度によって、かなりのレベルの差が出てきて(人はそれぞれに違うので、)グループではさらにそれが差が生まれてきて指導をどこに合わせたらいいか、迷うからではないでしょうか。

 

 

グループはグループの良さ、マンツーマンはその人の体を見ながらできることなど、

それぞれにあった形の指導が必要になります。

 

 

また、

基本的な体の動きに対しての意識が持てているかどうかが基礎的なところになると思われますが、そこの指導が難しい・・・・

運動の能力が高い人ほど、それに気づきにくいということもあるのかもしれません

 

 

ピラティスは、まず、ある程度の能力・筋力があってからのマットエクササイズです。

それを思うと、マシンはそれを補助してくれるもの。

が、結局は、自分を支えるということが目的にもあるため、

マットが基本とも言えます。

 

 

すると、いろんな経験をもった指導者が気づきは大きいのかもしれません。

 

なので、これは、私の考え方ですが、指導者は、「自分への練習」プラクティスがとても重要だと思います。その中で感じたことや変化した感覚が指導となって生きてくるのだと信じているからです。

 

 

ピラティスは、目に見えない部分の感覚を養っていくことによって自分の体をコントロールしていきます。その中で、本質部分をしっかり掴み取っていかなくてはなりません。

 

自分の中のその経験がお客様がなるほどと思ってくださることなのではないかと思うのです。

 

 

もちろん、間違ったやり方で練習をしてしまうのは、よくないし、

闇雲で練習していくのは、よくないかもしれません。が、それは、それで良い経験になると

私は、思います。

 

が、そんなに練習をしている指導者を私は、見たことがあまりありません。

仕事が忙しくなれば、きっとなかなかそんな時間も取れにくくなり、

そこにお金と時間を使う人は、仕事としては少ないのが現状でしょう。

ただの練習よりも、資格を取りに行ったり、資格のバージョンアップの方が現実的だからです。

もちろん、それでもいいと思います。が、

自分だけのピラティスを探すのも悪くないと私は、思います。

 

ご自身の体のために、一度しっかり時間を使い向き合ってみるのも良いのではないでしょうか。

 

指導のためにも、

私は、それをお勧めします。

 

自分自身にもいつも肝に銘じています。

 

簡単なことのようで、なかなか難しいことですよ。

 

 

 

 

まずは体験!

ピラティス体験レッスン

本格派 マシンを使ったピラティス

スタジオピラティスリムーブは、完全予約制!
あなたのための あなただけのスタジオです。

運動が苦手な方でもマシンを使うことで、からだの補助的役割をしてくれ、「ものさし」となり正しい可動域の中で無理なくトレーニングすることが出来ます。

オンラインレッスン体験

お問合せ・お申込みはこちらから

お問合せ・お申込み

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA