ピラティスについて

ピラティスは・・・・体の使い方・・方法論

ピラティスは、

体の使い方・・・

 

思考に似ていると思います。

例えば、私たちって誰でも

考えろ!って言葉よく使いますが、誰でもその考えるってことは、どんな風にしているのか

違っていて、

その方法が違うと結果が全く違ってくることをよく知っています。

 

ピラティスもそれで、方法メソッドなんです。

 

でも、それを意識して、学ばないと、

結局指導しているインストラクターでも、

???の多いものになってしまいます。

 

 

呼吸・意識すること・・・誰でもできると思ってしまうのは、危険!

特にピラティスは、そこに目を向けていきます。

 

ピラティスの基本は、見えないところに目をむけ、総合的に体を使っていくこと。

 

それらを最初の部分でやっておかないと・・いつまでも、結局わからず終わってしまいます。

 

例えば、

”銀杏切り”を知らない料理人みたいな・・・・

 

別に問題ないかもしれないけど・・人に教えようとか思ったときに困るかもです。。

って感じ?

まあ、すぐ切れたら問題ないのかもしれませんが・・・

 

 

という風に、当たり前だと思うことを意識してやるということが

ピラティスの体の使い方の方法論なのかもしれません・・・・

 

 

ピラティス氏は、同じエクササイズを順番通りにすることに拘ったと言います。

 

かつてのローマ帝国時代の文化は、思想もそうですが、体作りに

拘ったとか。

理想の体になることが文化であったとか・・・・

 

そう思うと、その思想と体を極めるということ・・

今もそのローマ帝国時代に

思いを馳せて、

いくのもいいのかな。

 

 

そう思うと、ピラティス深い・・・・

 

でも、皆さんは、そこまで考えず、

エクササイズとして、指導者の下で、やていただくといいかなと思います。

基本は、楽しいですから・・・

 

 

が、指導者の皆様は、そのピラティスをどう捉え、どういう風にしていくのかを

考え、行動していくことは、大切・・・

行動する・・・実践していく・・・ここに尽きると思います。

 

 

 

 

 

まずは体験!

ピラティス体験レッスン

本格派 マシンを使ったピラティス

スタジオピラティスリムーブは、完全予約制!
あなたのための あなただけのスタジオです。

運動が苦手な方でもマシンを使うことで、からだの補助的役割をしてくれ、「ものさし」となり正しい可動域の中で無理なくトレーニングすることが出来ます。

オンラインレッスン体験

お問合せ・お申込みはこちらから

お問合せ・お申込み

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA