ピラティスについて

ピラティスで自分を見つける

自分を知る
 
自分を知る・・・よく言われることですが、
 
自分を知ると何がいいのか。
 
 
 
自分を知ることはまずは欲求でもありますよね。
 
が、自分といっても、実際に自分を自分で見ると背中とか全体の感じとかは、
他人を見るようには、見えません。
 
 
自分のことはなかなかわかりにくいもの。
 
 
 
それでも、自分を見ようと思うのなら、見えない部分を想像し、客観的な見方が必要になります。
 

客観的な視点

もし、自分を見ようとしないと、
「人からどう見られるか」ということばかりなり、
 
自分から自分を見ること・・・
 
自分が「どうしたいのか」ということに気持ちがいかなくなり、
わからなくなっていきます。
 
 
 
自分の魅力や価値が他人判断になり、自分に自信がなくなり、
何か問題が起きると、
常に自分が悪いという状態になる・・・・・
 
それで、自分が解決していければいいんですが、
他人からの判断なので、解決ができないことばかりになってしまう。

 

 
 

ピラティスだからできる

 
自分の価値を認める・・・自分を知ること。
 
 
他人から意見を聞くとか、
感情に光をあて、書き出してみる・・など

いろんなやり方があると思いますが、結構、しんどかったりします。
 
 
自分のことを知りたいと思う反面、案外見たくなかったりもするんですよね。
私たちって・・・

(笑) 
欲望はどこに行ってしまったのか・・・

 

 

 

 
 
でも、
ピラティスには、それができる
 
 
からだを通じてなので、湾曲的ではありますが、
心とからだはつながっているので、

案外すっきりした感覚になっていきます。

 

 

知識と感覚が一体化したような。。。

 

 

 

 

 
ピラティスは、自分をよく理解することができ、
また、自分の成長を感じられる。
 
 
 
からだの動きを通じ、
自問自答し、常に自分を感じることができる。
 
 
 
 
自分が何者なのか・・・を知ることができます。
 
 

自分を知っていますか?

 
 
 
貴方は自分が何者か知っていますか?

 
 
 
30、40歳と年を重ねると、女性は誰かの妻、誰かの母から、だんだん
卒業していきます。

 
そんなとき、自分を見つける・・・とともに、からだを整え、健康になっていく。

 

 

 
そんなピラティスをぜひ

 

 

 
 
 
貴方に

 

 

 
 
 
 

まずは体験!

ピラティス体験レッスン

本格派 マシンを使ったピラティス

スタジオピラティスリムーブは、完全予約制!
あなたのための あなただけのスタジオです。

運動が苦手な方でもマシンを使うことで、からだの補助的役割をしてくれ、「ものさし」となり正しい可動域の中で無理なくトレーニングすることが出来ます。

オンラインレッスン体験

お問合せ・お申込みはこちらから

お問合せ・お申込み

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA