ピラティスについて

痛い?きもちいい?案外曖昧でないですか?

今日は、朝の雨から一転、昼には、太陽が出て、すがすがしい天気になっています~

 

皆さんいかがお過ごしでしょうか。

先日、まだ始めたばかりのお客様とお話をしていて、こんな質問をいただきました。

「先日、レッスン終わった後、なんか、身体が筋肉痛?のような感じなちょっとしんどい感じがしたのですが・・・・」

これは、身体がしっかり動いた証拠のものなのか、それとも痛めてしまったのか、自分でもよくわからない・・自分の痛みに対してよくわからない・・・という感覚ですね。実はこの感覚、私も以前ありました!!

 

自分の感覚ってわかっているようでわかっていない

そうそう、身体って、痛み・・・とか、気持ちよさとか

感覚がありますよね。

でも、同じ痛みでも、どう感じるのかで変わってきます。

 

 

それが、筋肉痛なのか・・・、また、からだを痛めてしまったものなのか・・・・

 

同じ痛みもいろいろあり、実は、それをかぎ分けられるはずなのに、全部痛いで収まってしまっているものかもしれません。

 

 

良い例が

BOのエクササイズで

四つん這いで、手の下にBOを置き、バウンスするエクササイズがあるのですが、

これ・・・・私のとってめっちゃ痛い・・・・

不思議なんですが・・・・痛い

この痛みって、おわったあと、気持ちいい感じがするんです。

そう、感じ・・・・

そういえば、痛いと気持ちいいってリンクしてたりしますよね。

人って本当にすごいですね~

 

 

感覚を研ぎ澄ます

痛いときもちよいは全く反対ですが、この感覚って意外にとんでもなく曖昧であり、

その痛い・・・に関しても、段階があるということなんですね。

 

そう、段階

 

その段階を感じられなければ、

両極端に痛い!か気持ちいい!しかない・・・・

なので、自分の体の

 

本当は、動かせる部分でも痛いからやめ・・・と可能性を消してしまうことになってしまう

 

体の中は、縮むと伸びる、固めると柔らかくという反対のことが行われています。

その間を行くのがバランス・・・・

 

ぜひ、このあなたの感覚を疑ってみませんか?

 

痛い・・・・からやめるじゃなく、本当に痛い?って

 

もちろん、無理してやるってことじゃないですよ~

感覚を確認していくってことですよ。

 

感覚に疑いを持ち、些細な違いに気が付くこと

やってみることを制限しない・・・無理なのか無理じゃないのか・・・・

どれくらい動くことができ、動けないのか・・・やってみることしかそれを証明できないものなのかもしれません。

 

他人に無理くりされるのは危険だけど、自分で動かしてみる、それもゆっくりする・・・ことで、からだを痛める確率は低いはず!!

 

まずやってみて、トライ&エラーを繰り返しながらその安全な範囲を調べていくこと・・

それが、ピラティスエクササイズには、とり入れられている!!!って思います~

 

まずは体験!

ピラティス体験レッスン

本格派 マシンを使ったピラティス

スタジオピラティスリムーブは、完全予約制!
あなたのための あなただけのスタジオです。

運動が苦手な方でもマシンを使うことで、からだの補助的役割をしてくれ、「ものさし」となり正しい可動域の中で無理なくトレーニングすることが出来ます。

オンラインレッスン体験

お問合せ・お申込みはこちらから

お問合せ・お申込み

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA