Workその他

おなかポッコリ何とかしたい!

だんだん夏に近づき、薄着になる季節・・・

薄着になるとちょっとおなかが周りが気になって、どうしても

隠すようなものを着てばかりになりませんか?

 

今年こそ、それをやめて、好きなスタイルの服を、来てみませんか?

 

そのために一緒にピラティス始めてみましょう。

ピラティスは、体の基礎部分に着目し、

なせそれをするのか・・・・という本質的なことをしっかり理解したうえでエクササイズをしていきます。なんでもいいから動こう!ということでなく、なぜ?なんのために?が大事なってくるのです。

 

まず、おなか周りが気になるということは、

単なる食べすぎ・・・・で終わらず、

・姿勢のゆがみ(骨盤の状況の把握)

・脂肪が不必要にないかどうか(あるのならそれをなくすには?)

・気になるということは、使えていないからではないか

・どこがどのように気になっているのか

など、いろいろ分けて一緒に考えていきます。

 

 

その中でも一番多いのが、おなかの筋肉の使い方がそもそも違う場合

 

腹筋に意識を置く

腹筋は深層部分から、腹横筋・内腹斜筋・外腹斜筋・腹直筋とあり、これが、均等に連動して動く感覚がほしい。

また、腹横筋は、深層にあり、内蔵のパッケージする役割もあり、また、筋肉は横に走っているため、意識がもともとしにくい筋肉でもあります。が、これをしっかり意識していくことにより、腹圧が高まり、引き締まり、身体が安定します。そのうえでエクササイズすれば、安定感もまし、またターゲットにしっかり利かすことができ、安全にエクササイズができます。

 

そのために、バレルを使っています。背中・腰・骨盤の位置関係が明確になり、手を頭へ、足を床へ、背中がバレルへとある意味クローズドキネティックチェーンを作り出し、力をターゲットに集中させていくことができます。

 

呼吸にも着目しやすくなりますね。

 

腹筋は、同時に背骨の動きでもあります。

背骨が硬いとこのエクササイズ自体も困難。背骨の柔らかいイメージも大切です。

 

 

背中の当たる位置が上がるからといって、おなかを広げすぎてもいけません。

そこから丸めていきます。

 

 

いつもの腹筋と違うことに気づきますよ。

 

何気なく力技だけでやると、呼吸ができなくなっているもの。不必要な場所にもたくさん力が入りすぎていきんでいる状態になるからです。

そういう場合は、ターゲットとなるおなかに力は入らず、腰だったり、首だったりに力が入っています。自分の体コントロールし、必要な分だけ使う。すると、腹筋を鍛えることが早くできますよ。

その感覚を知りながらエクササイズを進めています。

 

ただ単に腹筋をすればいい・・・

というのは、もうやめて。

 

正しく何のために、どうしてなぜ?と動きを疑いながら進めていけば、かならず、

今と違う自分へ生まれ変われますよ。

 

 

 

まずは体験!

ピラティス体験レッスン

本格派 マシンを使ったピラティス

スタジオピラティスリムーブは、完全予約制!
あなたのための あなただけのスタジオです。

運動が苦手な方でもマシンを使うことで、からだの補助的役割をしてくれ、「ものさし」となり正しい可動域の中で無理なくトレーニングすることが出来ます。

オンラインレッスン体験

お問合せ・お申込みはこちらから

お問合せ・お申込み

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA