私の日常

韓国語を勉強しています

先日も釜山へ行ってきましたが、

画像に含まれている可能性があるもの:空、雲、屋外

昨年7月より、本格的に「韓国語」を勉強しています(笑)

 

韓国語を勉強し始めたきっかけ

韓国メーカーのピラティスマシンを買ったことがきっかけではありました。

そして、韓国人のホームステイの受け入れです。

ホームステイで困らないように、そしてその後、韓国メーカーの方と直でお話をしたい!!!というのが、目標。ホームステイは終わりましたが、その先のメーカーさんとの会話を目指すなら、ちょっと頑張らねばなりません。

今年一年も頑張るつもりです。

2,3年前から

英語も習っていますが、なんかどうしても上達している感じがなく・・・・・

上達感もなく、やるしかないと上達している感覚もなく、過ぎていたのですが、

韓国語は、上達してきている感じがあるのです。

ふと聞いた韓国語の歌を聞いて、ふと、心に入ってくる言葉があるって感じ。

勉強にドラマを見ていますが、字幕なしで、ふわっとすんなり自分に入ってくるかんじなんです。

もちろん、まだ、字幕なしじゃだめですし、全部はわかりません。ハングルを読むのも時間がかかります。

はっきり、結果が出たとはわからないけど、なんか、上達している感じが自分の中に感じる。これって、すごい

楽しいことなんですね~

 

これって、あくまでも趣味で、仕事でやらなきゃならないことでもなく、英語とは違うんですが、

なんだか、たのしい。

自分の自信が増えていく感じがあって、上達している!という実感って、心を豊かな気持にしてくれるんだと、韓国語を勉強するのが面白くなってきています。

 

 

教えること、教わること

そして、いつも教えている立場なんですが、

教わる立場になれること・・・・これも私にとって、気づかされることがいっぱいです。

 

昨日も教室に行ってきたのですが、パーソナルとグループを受けています。

その違いもすごく、感じます。

 

両方ともいいところが悪いところがあるんですよね。

最初、様子見のためにグループに行ってたのですが、

良いところ

・料金が安い

・楽しい

・考える時間がある

・他の人と比べることが出来る

・他の人の話を聞くことが出来る

・友達になれる

・一緒に頑張ろうと仲間意識でモチベーションがあがる

悪いところ

・興味のあることが一人一人違うから話についていけないこともある

・進みがおそい

・実際に話す時間が一人当たりが短い

・わからなくてもスルーしてしまう

・先生が一人に対する時間が短い

 

で、パーソナルに行き始め、今では、2コマ受けています。

パーソナルでは、良いところ、わるいところが、逆になりますからね

 

ピラティスをうけるのに似ている?

もしかして、これって、ピラティスに似ている?

ピラティスは、運動ですが、からだの使い方を再学習していると同時にエクササイズしていますから、

外国語の学習と似ているのかもしれません。

外国語の学習において、話す・・・ということはエクササイズだとも思います。

実際にしなきゃいけない。口を動かすこと。

 

 

机上だけでは話すことはできないものですもんね。

 

ピラティスは逆ですね。ただ動いて、できた!だけでは、習得していることにならず、理解していくことも必要だと私は考えています。

 

学ぶときにあったらいいもの

学ぶ側になって一番、思うことは、褒められたらうれしいってことです。

すごい、力になります。

 

そんなに私は、自分で韓国語は、上手とは思えないんですが、

めっちゃめっちゃ褒めてくれる先生がいるんです。

最初は、ちょっと恥ずかしい。けど、嬉しいなって思うだけなんですが、

ずっとずうっと褒められて、レッスン中ほめまくってくれるんです。

 

そうすると、あまりに恥ずかしいと思うんですが、なんだか嬉しいもので。(笑)

これって、あるところまでくると、恥ずかしいのがなくなり、うれしくなります。

授業をうけているひとは、こう思うんだと気づきました。

私もそうしようっておもいました。

私もそうだけど、受けている人は、出来ているか出来てないか、不安なんですよね。どこが出来ていなくて、出来ているのかわからないし、出来ていないし、上手くなっていないんじゃないかっておもうんですね。そんななかで

ちょっと、やりすぎじゃないの?って思うくらいほめるって、

その人にとったら、嬉しいものなんだと気づきました。

 

私たちは、指導者だけど、サポーター・・・困った時に助ける人。導く人

そんな人に褒められるとうれしいものなんですね。それが、よくわかりました・・・・

 

褒めるて、褒める方も褒められる側も気持ちよいもの。それには、気づいていたけど、

 

やりすぎてしまうのは、違うと思っていました。

 

いや、それは違うんだ~

 

不安に思っているひとには、褒めたおすことは、その人の背中を押すことになるんだ~

 

形のないものに対して、形にするのは、難しい。そんな時に言葉を使う。

言葉は、傷つけてしまうこともある。でも、こうやって使えば、その人を幸せにできるんだと思いました。

もちろん逆のやり方でモチベーションをあげることも有るのでしょうけど、

こんな幸せなやり方もあるんですね。この韓国語の先生に感謝です。

 

韓国人の方は、はっきりしていると言われていて、なんでもズバッと遠回りせず表現します。ちょっと、大げさってくらい(笑) 感情表現が顔にも表情にも行動にも言葉にもでる。そのポジティブの部分をとらえれば。

言葉って、本当にすごいな・・・・

 

ピラティスを教えていくのに、言葉が大切だとこだわってはいるけど、

外国語を勉強すればするほど、言葉の大切さ、使い方により良くも悪くもなるすごいものなんだと思います。

 

言葉もからだの動きも同じ・・・・・幸せになる方法だと思います。

 

そのためにあるんだと。

 

方法・・・・やり方・・・・・メソッド

 

幸せになるため・・・貴方の幸せって何ですか?

 

 

 

 

 

 

まずは体験!

ピラティス体験レッスン

本格派 マシンを使ったピラティス

スタジオピラティスリムーブは、完全予約制!
あなたのための あなただけのスタジオです。

運動が苦手な方でもマシンを使うことで、からだの補助的役割をしてくれ、「ものさし」となり正しい可動域の中で無理なくトレーニングすることが出来ます。

オンラインレッスン体験

お問合せ・お申込みはこちらから

お問合せ・お申込み

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA