未分類

習慣・考え方・経験は、動きや姿勢に現れる

健康で美しい体を手に入れる 大阪豊中駅すぐ、ピラティス専門スタジオ。

ピラティスマシンを使い、
パーソナルレッスン。ピラティスリムーブの菊田です

ピラティスに流派のようなものがあります。

それは、

ピラティスは、ジョセフ・ピラティスさんが作りました。ジョーは、これを奥さんのクララとともに、ニューヨークで自宅にスタジオをひらき、ダンサー中心に教えていました。

その時に熱心に通う人が生まれ、弟子となりました。それが言われる「エルダー」です。

お弟子さんたちは、それぞれにそのご自身の指導の中で工夫をされそしてまた後進を育てていきました。エルダーと言われる人の中には、カローラトリエ、イブジェントリー・ロンフィッチャー・ロマーナクリザノフツカ、キャッシ―グラント、メアリーボーエン(存命)、ロリータサンミゲル(存命)

がいます。

そのエルダーから教えを受けた人が体系立て団体を作ったものが今の大きな資格を出している、BASIやピークなどになります。なので、ある流れの中で出来上がってきているので、元をたどるとどこかのエルダーにあたります。

私のピラティス資格は、STOTTピラティス。STOTTの創始者のモイラはもともとロマーナに習っていたらしく、ロマーナのピラティスがもとになっています。

面白いですよね。

もちろん、一人のエルダーからではなく、数人から受ける・・ということも有ったとはおもいます。なので、後世に伝わっていく段階で、ミックスされていくことはあるとは、思います。それもピラティスが発展してきた一つの要因なのでしょう。そして、また、そのオリジナルなエルダーの想いを伝えていくという意味で、ロンフィッチャーピラティスなどのそのエルダーの名前が付いた団体もあります。

私は、STOTTですので、ロマーナを礎にそこから、発展したモダンなピラティスを学んだわけです。

もちろん、まだまだ発展し、いろんな広がりのあるSTOTTピラティス。ジョセフ・ピラティス氏の考えに忠実でありながら解剖学、生体力学の要素を取り込み、革新的変化を続けるメソッドとして発展を続けています。素晴らしく、その資格を取るときの辛い勉強を思い出すと、とても高いスキルのインストラクターの資格だと誇りに思っています。

 

ある日、お客様に「先生の教え方と他の先生の教え方が違うのは、おなじピラティスなのになぜ?何が違うの?」と言われたとき、何もお答えできあせんでした。

私はSTOTTしか知らなかったからです。誇りを持ち、自信を持って指導していたけど、ピラティス氏のことや、STOTT以外のピラティスの事には、知識がなかったのです。

そこから、私の新たな切り口の変えた学びが始まったのです。

「じゃ、他の団体のレッスンを受ければいいのか・・・」

「いや、もう、他の団体の資格を取ろう!」「でも、全部を取ることはできないしお金もかかるな・・・・・」

「レッスンを受けるだけなら、先生のスキルもあるから、理解するまでには、至らないだろう。。。」

と考えました。

「そういえば、アメリカにPMAという各ピラティス団体が所属している大きなコミュニティがあると本で読んだことがあるな・・・・このミーティングに参加すれば、アメリカで活躍するインストラクターを始め、今現存するエルダーからも教えてもらえる!」

「でも、英語はどうする?私に理解できる?今は無理だな・・・・」

と思ったのです。でも、これであきらめる私でもなく、とりあえず、英語を勉強し始めました。英語は大嫌いで、上手くならずに一年が過ぎました。上手くなるまで待てない・・・そんな時、友人にPMAミーティングに通訳も一緒に行くツアーのようなものもあると誘われ、結果行くことになったのです。それがきっかけとなり、今の学びがあります。(結局、そのツアーには、参加せず、自分たちの個人での参加になったのですが・・・)

渡米前、不安になった時英語の先生が、こんなことを言ってくれました。

「アメリカで生まれた3歳児は英語はまだ理解できないよ。貴方も3歳児になって純粋な気持ちでピラティスに触れてきたらどう?」と言ってくれたのが今でも心に残っています。

 

ピラティスを私はそういえば、「感じる」ことがまだできていないな。。。とおもっていたので。。。。

 

PMAに行くと、流石、主要な方々の集まりで、

私の中でも迷いつつも、「これだ」と思うものを見つけました。

それが、カローラ

http://jillianhessel.com/prod_08_carolashares.html

DVDがありますので、良かったら見てみてください。英語のサイトになりますので、もし、欲しい・・・みたい・・という人は、ご連絡ください。

情熱を写真だけで感じるほど・・・

ピラティスは単なるエクササイズではなく、

ライフスタイルであり、その人を表すものであり、表現できる伝えることが出来るんだと。

私もそんな風に、ピラティスの動きを通して、クライアントに想いを伝えたい・・・と思います。

口だけでなく、こころからあふれる想いを伝えたい。

”健康の大切さ、運動の大切さ、其れで自然な自分を感じること”

 

これを上手く話さなくても、体で伝えることが私の目標です。

動きや姿勢は、その人の習慣・考え・経験が出ると思っています。

hideko

◇◇◇◇◇◇◇
info@pilates-remove.com
スタジオピラティスリムーブ・ホームページ

studio Pilates remove |豊中市のピラティススタジオ

SASHI socks ネットショッピング
https://pilates.theshop.jp/

Be Brightアカデミー
皆さんのお仕事のサポートをします!
《エアロビクスインストラクターのブリッジアップコース あなたの強みを見つけ、それを活かしたお仕事をしていきませんか?2017年7月開催 お問い合わせは info@pilates-remove.com  》
《低リスク低コスト女性の自分の働き方ができるサロン型スタジオを開きませんか。やりがいをみつけ、皆さんの仕事をサポートします!06-6335-4139》

http://fit-i.com/products/list.php?category_id=325

フォローお願いします💛

まずは体験!

ピラティス体験レッスン

本格派 マシンを使ったピラティス

スタジオピラティスリムーブは、完全予約制!
あなたのための あなただけのスタジオです。

運動が苦手な方でもマシンを使うことで、からだの補助的役割をしてくれ、「ものさし」となり正しい可動域の中で無理なくトレーニングすることが出来ます。

オンラインレッスン体験

お問合せ・お申込みはこちらから

お問合せ・お申込み

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA