未分類

体の構造の考え方

「女性として・・・綺麗へのアクセス」 大阪豊中駅前、ピラティス専門スタジオ。海外からのピラティスマシンを使い、二人、一人のパーソナルレッスン。ピラティスリムーブの菊田です

わたし達のからだは、骨と肉で作られています。

二本の足で立っている・・・・ということは、すごいことで、それも、そこから歩き、走り、飛び・・・・

と考えると、構造について考えてみたくなりますよね。

米国ハーバード大学医学部のイングバー博士は、
生物の構造を生み出す基本原理は「テンセグリティー」だと主張しています。
テンセグリティー(tensegrity)とは、張力(tensile)と完全無欠(integrity)との造語です。
これは圧縮の力と

張力(引っ張る力)という

相反する力の釣り合いによって、構造が自己安定化する構造システムです。

筋肉もまさしく、相反する動きのバランスで動いていきます。

心もそう・・・・葛藤の中で。そして、物事の良い面と悪い面のとらえ方。

それを前提として考えると、動きが変わってくる気がしませんか?

ピラティスはまさしく、この構造を上手く活用したエクササイズです。

からだを最も自然に動かす方法なのかもしれません。

考え方・・・思考がここまで、からだに影響を与えるのかというのも、すごいなと思うこのごろ。

th (18)

その構造をうまく、考え方として取り入れると、外からの圧力も吸収し、それを反対にパワーに

できるのかも。

 

0066

 

まずは体験!

ピラティス体験レッスン

本格派 マシンを使ったピラティス

スタジオピラティスリムーブは、完全予約制!
あなたのための あなただけのスタジオです。

運動が苦手な方でもマシンを使うことで、からだの補助的役割をしてくれ、「ものさし」となり正しい可動域の中で無理なくトレーニングすることが出来ます。

お問合せ・お申込みはこちらから

お問合せ・お申込み

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA