未分類

固定概念はデメリット?

こんにちは!!お久しぶりどす!!3週間ぶり登場、月曜日担当の松木です。

このブログを読んで頂いている皆様は自分自身の経験や見た目、その他もろもろで物事を判断する事は日常茶飯事ではないでしょうか?

私もその一人ですが、日頃から自分自身の世界の狭さで損をした事は数えきれないほどです。当然、この世にすべての事を100%理解し、体を成す人間など一人としていないわけです。

例えば、店構えがいかにもという飲食店、入って食べてみるとすごく美味しい物をだしてくれたり、逆にすごく素敵できれいな店であっても「味はん~!?」という事もしばしばです。

これは男性の話ですが、すごくイケメンで清潔でかつ高級スーツで身を固めている人がトイレで手を洗わなかったり、たばこのポイ捨てを平気でしたり・・・「ん~見た目と違うなぁ~」って感じたり、とっつきにくそうな感じの人でも話してみると気さくで面白い人だったりします。

ある通販のコマーシャルで「病気はなった人にしかわからない」とかよく聞くフレーズです。確かにその通りですし、その経験を生かすのも大切です。しかし、必ずしも病気を診て治療してくれるお医者さんがみんなその病気になった事があるかといえば、答えは「NO!」です。

気持ちを軽んじるわけでは決してありませんが、結果を得る事とはまた違います。「わたしは?あなたは?何がしたいのですか?」という事です。

プロスポーツの世界では昔から「名選手必ずしも名監督にあらず」という言葉があったり、男性だから男性がわかる、女性だから女性がわかる、必ずしもそうではないし、「自分の事は自分がよく知っている」も広い意味では決してそうではないですし、固定概念や自分の狭い料簡で物事を決めるのはメリットよりデメリットの方が多いと感じます。

いろんな人から話を聴き指導を乞う事はとてもとても大切なことではないでしょうか?

「リムーヴ」では健康において、あなた自身の身体に対する固定概念からくるデメリットを解消するお手伝いを致します。

「自然力」=「美」

 

 

まずは体験!

ピラティス体験レッスン

本格派 マシンを使ったピラティス

スタジオピラティスリムーブは、完全予約制!
あなたのための あなただけのスタジオです。

運動が苦手な方でもマシンを使うことで、からだの補助的役割をしてくれ、「ものさし」となり正しい可動域の中で無理なくトレーニングすることが出来ます。

オンラインレッスン体験

お問合せ・お申込みはこちらから

お問合せ・お申込み

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA