インストラクター

Studio Pilates remove 代表 菊田 英淑 Hideko Kikuta

大学在学中よりエアロビクスなどの運動指導に携わる。

現在はエアロビクス、ステップ、ピラティス、タイ式ヨガなど一対一から60人を超えるグループ指導まで、様々な形の運動を指導。
年間1400本のレッスンと、のべ2800人を超える方々へ運動を指導している。

また、インストラクター向けの講習会や契約インストラクターへの研修講習も行い、海外などの研修にも参加。

数年前より、アメリカ・ニューヨーク、ロサンゼルスなどピラティスの本場で基本的な本質を追及するため、数度渡米。今も探求を続けている。

3人の子供の母親でもあり、子育てと仕事・家事と、充実した日々を送る。

ピラティスとの出会いは2006年。   ただ単に新しいプログラムを取り入れたくて、養成コースを受ける。
が、そのコース中に学生時代から長年悩んでいた腰痛が、改善されているのに驚き、ピラティスが本当に良いものだと実感する。そこから、カラダの正しい動きについて、深く考えるようになり、ピラティスを学べば学ぶほどにカラダが軽くなるのを感じる。自分のからだが日々変わることに、効果をさらに実感し、これを他の人にも伝えたいという気持ちがさらなる学びの原動力になっている。

今では、20代の頃よりもからだの調子を保つことができ、悩んでいた腰痛もなく、けがもなく日々笑顔で楽しくからだを動かせるようになった。運動は特別なことでなく、ライフスタイルであり、習慣が大切です。そんな毎日の中に生きずくピラティス。日常的な生き方を示し、女性が元気でいつまでも美しく輝いて、良い姿勢を手に入れてほしい・・・と思います。

そんなすばらしいピラティスのメソッドを是非皆さんに伝えたい!
そして、「健康で充実した生活が送れる」「なりたい自分になる」お手伝いがしたいと、専門スタジオを設立。

一人でも多くの人に、ピラティスを知っていただき、ピラティス氏が考えた素晴らしいメソッドはもちろん、そこから皆さんに寄り添い、そして、基礎的な部分をわかりやすく伝えるために私なりの考えを加え、ピラティスをわかりやすく、伝えていきたいと、前向きに取り組んでいます。

ピラティス氏の弟子であった、カローラトリエのシンプルで女性としての繊細さを加えたピラティスを研究しており、わかりにくいと言われているピラティスイメージをがらりと変えていきたいと望んでいます。

 

  

私達は、本来の有るべき姿が、あります。

そんな輝ける自分に近づけるお手伝いをさせてください。

Be bright・・・・・共に輝きましょう!!

  • STOTTピラティス認定(Full  Sertified)
  • P.I.C ピラティスインストラクターコミュニティ 代表
  • 桃山学院教育大学 非常勤講師

主な海外研修

2015年10月 アメリカ・デンバー PMAミーティング参加、その後、ニューヨーク・トロントピラティス行脚
2016年9月 アメリカ・ニューヨーク オリジナルスタジオRolatesPilates にて ティーチャートレーニング
2016年10月 アメリカ・フェニックス PMAミーティング参加
2017年6月 アメリカ・ロサンゼルスにて Jillian・Hessell 「 Keeping The Flame」レベル1参加

プロフィール

1967年 大阪府豊中市生まれ
1988年 大手スポーツクラブ社員を経て、フリーへ
1992年 結婚
1995年 出産のため休職
2006年 JAPピラティス養成コース参加
2008年4月 STOTTピラティスマット認定取得
2009年8月 STOTTピラティスフル認定取得
2014年6月 studio Pilates remove オープン

インストラクター 池内良子 Yoshiko Ikeuchi

インストラクター 池内良子

2015年より、STOTT PILATESR?の資格取得が出来るライセンスセンターを兼ねたスタジオで、ピラティスの指導を始める。

現在は、ピラティス、筋膜アプローチ、リハビリテーション、マタニティ、産後ケア、側湾症、骨粗鬆症、乳癌術後ケア、ファンクショナルトレーニングなど、一対一からグループ指導まで、ピラティスを通して様々な形の運動を指導。

年間1400本のレッスンと、のべ2000人を超える方々へ運動を指導している。

また、インストラクター向けの講習会や、不妊ケアの講習も行い、がん患者の方の治療後の就労支援一環となる、医療従事者向けの研修にもスタッフとして参加。

数年前よりfascia(膜・筋膜)の勉強へ取り組み、2016年11月にドイツ人講師Divo Muller氏を招いて日本初上陸のFascial FitnessR Introduction Courseを受講。筋膜への多彩なアプローチで身体が変わる奥深さに感銘を受け、その後 STOTT PILATESR?「膜・筋膜ムーブメント基礎コース」を2018年6月に受け、膜の特性を活かして使用するプロップや動きに変化を与えるアプローチ方法を勉強し、今もピラティスを通してfasciaの探求を続けている。

学生時代は全国大会出場を目指す強豪校のバレーボール部に所属。親元を離れた寮生活のなか、部活に明け暮れる毎日を過ごす。短大卒業後は、OLとして働きながら、趣味でバレーボールを楽しむ日々を送る。

ピラティスとの出会いは2009年。 友人のすすめでホットヨガを始め、スタジオのプログラムにピラティスがありクラスを受講する。1時間のレッスンを終えた時に自分の背骨が本来あるべき所に戻ろうかとするように背筋がスッと伸びて姿勢が良くなったような、足の先から頭のてっぺんまでスッキリした感覚に包まれ、ピラティスというものに感動する。その時まで「ピラティス」という言葉も知らなかったが、その出会いからピラティスの魅力にはまり、続けてレッスンを受けるようになる。

ピラティスを続ける中で、長年続けていたバレーボールのパフォーマンスが上がり、怪我が減っていくことに驚く。年齢と共に怪我が増え、パフォーマンスが下がっていくのを身を持って感じていたのが、ピラティスを続ける事で、長年かかえていた腰痛も解消。捻挫などの脚の怪我が減り、ジャンプ力と滞空力も上がる。また、コアが活用化し、しなやかなに身体を動かせることで、ボールを打つパワーも格段に上がっていった。

趣味としてピラティスを続けて4年が過ぎた頃、自分自身がこれまで感じてきたピラティスの良さを沢山の方々に伝えたいと思うようになり、OLからインストラクターへの転身を決意。資格取得の勉強を始める。

ところが、養成コースで勉強を続けている間に女性特有の病気が発覚。内視鏡手術・開腹手術・抗がん剤治療を経験し、予定していた試験やコースを断念しなければいけない事だけではなく、生と死と健康について多く考える時期を経験する。OLからインストラクターへの大きなキャリアチェンジの時期にこういった予期せぬ状況を経験した事で、ピラティスがどれだけ身体に優しく、身体を健康に導いてくれるものである事を身をもって経験。

術後には、勉強しているピラティスでどのようなエクササイズが効果的であるかを自身の身体を通して実感。心も身体も元気に過ごす事を考えた時に、ピラティスの必要性を自ら経験したことで、あらゆる人のニーズに応えられるピラティスをたくさんの人に知ってもらいたいという気持ちが原動力となり、今もインストラクター向けのワークショップなどの講習会に率先して参加し、学びを深めている。

3年前の2017年には、右腹直筋に悪性腫瘍が見つかり、右側腹直筋と内腹斜筋と腹膜を約10㌢×15㌢四方を腫瘍とともに切除し、そこに腸ヘルニアを防ぐための人工膜が体内に入っている。腫瘍を切除した際に、神経もぶつ切りしているため、右下腹部の感覚が今ではなく、その手術以降は、これまで出来ていたマットエクササイズの「ロールアップ」や「ティーザー」など出来なくなってしまったが、ピラティス専用器具を活用し、無いものを補いながらリハビリから発生しているピラティスを、これまで以上に自身のリハビリに活用している。

人の身体は十人十色。お一人お一人の日常と個性が身体に現れます。インストラクターという仕事を通して、お客様へ心を込めて気持ちとお身体に向き合う事で、私が目指す「人の心に寄り添える人になる」というなりたい自分へ成長していけると感じております。ピラティスは解剖学に基づいて出来ているエクササイズなので、どなたでも安心して受けていただけます。

スタジオへお越しになる事で、より健康で充実した毎日を送られるように、皆様のお手伝いを全力でさせて頂きます。スタジオにて、皆様のお越しを心よりお待ちしております。

 

インストラクター 池上知佳 Chika Ikegami

 

インストラクター 池上ちか大学在学中に、ピラティスとヨガの資格を取得。

資格取得後は、エステサロン・スポーツクラブ・クリニック併設スタジオ・ゲストハウス・ヨガスタジオ・ピラティススタジオなどのレッスン講師や、企業の福利厚生健康セミナー講師などを務める。

ピラティスを始める前も運動はしていましたが、ピラティスは今までしてきた運動とはまた違い、身体の奥の筋肉に効いていく感覚や、自分自身の身体のズレ(歪み)に自分で気がつく感覚に驚きました。

自分が思っていた正しい姿勢が、実は反り腰だったという事も、ピラティスを始めることで初めて気がつきました。

ピラティスを続けていくことで、自分の癖に気付き、それを直していくことで、運動の時も以前より体が動かしやすくなり、身体を痛めることもなくなりました。

そして、普段の生活から本当にきれいな姿勢を自然に身体が探すように変わり、姿勢が変わることで、一緒にウエストのくびれが出来たり、前腿の張りが取れたりと、ボディラインも変わっていきました。

普段の生活の中で自分の癖に意識を向けることはありませんが、ピラティスやヨガを習慣化していくことで、きれいな姿勢も習慣化されていきます。

動いてみて初めて自分の身体の不調に気が付く方も多いです。家事や仕事が忙しく、自分のケアは疎かになってしまっている方にこそ、レッスンを体験して頂きたいです。

資格

  • Stottpilates レベル1full認定
  • Stottpilates am.ar.accb.isp修了
  • 全米ヨガアライアンスRYT200修了

 

ピラティスとは

ドイツ人のジョセフ・ピラティスが開発したエクササイズです。
ピラティス氏は1880年にドイツに生まれました。
病弱であった幼少時代から独学で解剖学を学び、様々な健康法や運動を実践することにいより、病気を克服し、健康な体を手に入れました。

この経験をもとに「コントロロジー」と呼ぶ独自の兼広報ピラティスメソッドを考案しました。

1914年、第一次世界大戦時に、彼はイギリスで捕虜となり収容所に抑留されます。
その生活の中で、ピラティス氏は負傷兵にリハビリを行いました。

ベッドのまわりにあるものを工夫し、今のマシンが出来上がったと言われています。

1918年、世界的なインフルエンザの大流行がありましたが、このコントロロジーに取り組んでいた彼の仲間は一人もこの病気に倒れなかったと言われています。

その後1926年にアメリカに渡り、ニューヨークでスタジオを開きました。

そのユニークなメソッドはニューヨーカーたちに受け入れられ、様々な業種の顧客を得ます。

特に、当時のモダンダンスのパイオニアたちが、ダンサーのコンディショニングとして取り入れました。

ピラティス氏を直接知る人たちは、「ジョー(ピラティス氏の愛称)は体に関して天才だった」と言います。

広がってゆく中でこのメソッドが枝分かれしているのも現状です。

コントロロジーは、単なるエクササイズではなく「学ぶもの」だと、ジョセフ・ピラティスから直接学んだ先生はそう言っています。

体と心がバランスのよい理想的な状態に到達することで幸福を得られる・・・というのが、ピラティス氏の考え方です。

体と頭と精神の三位一体化は、ピラティス・メソッドを通じて実現できる。
これが達成されれば、自信が生まれる。
こうして私たちは幸福を得る

- ジョセフ・ピラティス

 ジョセフ・ピラティス氏 ジョセフ・ピラティス氏